来たる製造業×IT時代 生産体制、品質の向上に寄与するIT導入戦略とは

「日本の製造業者が今後直面する人手不足、特に工場を稼働させる技術不足によって起こる稼働体制、作業の質をどう保つか。」この課題に対処するために、工場、作業現場へのIT導入を経営者含め工場の現場を管理、監督する責任者は現実感を持って考え、実際に導入をしていかなくてはなりません。一方、製造業の現場ではそうした将来起こり得る課題を漠然とは認知していても、具体的にどのようにその問題に備えればいいか、自社を含め製造業界全体の現状、具体的な対処方法まで明確な正解を持っていない方も多いのではないでしょうか。

本セミナーでは、工場の生産現場で熟練の技術者が高齢化などによって辞めていき、生産技術の担保が困難となる前に、生産現場へのIT導入によるオペレーションの質確保がいかに重要かを、事例を交えてお伝え致します。

 

こんな方におすすめです

  • 製造業における従業員の人手不足に対して省人化、工場の自動化を通して作業の質を担保したいと考える経営者様、それに準じる生産管理責任者様

セミナー内容

  • 1. 製造業におけるIT導入の歴史・現状と事例
  • 2. IT導入がもたらす生産体制・品質への貢献と考察
    • ・品質向上に貢献している具体例
    • ・成功事例から成功ポイントを洞察

登壇者プロフィール

 

原田 茂樹氏
国内メーカーにて、資材調達、海外工場の立ち上げに参画後、外資メーカーにて、調達プロセス改革工務、生産企画業務、グローバル生産管理に従事。その他、VEアプローチによる原価低減活動、グローバル調達,SCM業務全般を担当。
その後、SAPジャパンにて、日本国内の素材業界、産業機械業界、建設・エンジニアリング業界担当としてお客様企業のSAP活用最適化の提案に従事。
現在は主に製造業の、業務プロセス改善等のコンサルティング業務に従事している。

セミナー主催者

株式会社サーキュレーション
「世界中の経験・知見が循環する社会の創造」という理念のもと、プロフェッショナル人材のシェアリングサービスを運営しています。企業の抱える様々な課題・ミッションに焦点を当て、それらを解決できる高い専門性を有したプロフェッショナル人材の経験・人脈をプロジェクトベースで活用いただく、オープン・イノベーション(外部プロフェッショナル人材活用)コンサルティングを行なっています。
10,000名のプロフェッショナル人材のリソースから、企業の経営課題・業界・成長フェーズ・社風・経営における理念・思想を鑑み、企業に最適なプロフェッショナル人材を選出し、課題解決プロジェクトチームを組成します。登録している20代から70代のプロフェッショナル人材は、対面でのインタビュー(及び電話/skype)を実施し、独自の人材アセスメントにより、スキル・経験・志向性・人物について適正な評価・知見を蓄積しています。2014年設立以来、プロジェクト実績は 700社/2,000プロジェクトを超えています。

セミナー概要

日時 2019年3月19日(火)16:00~18:00(15:30開場)
場所 〒151-0001 東京都渋⾕区神宮前3-21-5 サーキュレーションビル ForPro
定員 50名
費用 無料
持ち物 ・名刺
  当日は受付の効率化のため名刺を確認させていただきます
  お名刺の無い方は当日受け付けでお申し付け下さい。

 

無料セミナーへの参加フォーム